環境 2022/05/06

資源リサイクルで環境にやさしい工場へ

食材の洗浄など関東工場で使われた水は、再利用、食品残さは肥料や飼料、プラスチック容器は発電燃料となり電気をつくるなど、資源の循環再生に貢献しています。
 

食材の洗浄など関東工場で使われた水は、敷地内の排水処理施設で綺麗にして、工場内の緑地や水槽、トイレで再利用をしています。
 
 
皮が破れてしまった餃子やくず野菜、小麦粉などの食品残さや、プラスチック容器・プラプレート・アルミフィルムなどは、契約処理工場に送られ、食品残さは肥料や飼料に、プラスチックは発電燃料となり電気をつくるなど、資源の循環再生に貢献しています。

サイト内検索